読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想・科学・特異点 

Science Fiction Singularity

ギリシャのデフォルト騒動時に見られたある種のサイン

 

5月中旬から8月初旬まで、他の活動を優先的にこなしていたため、このブログの更新が滞っていたのですが、その間も、興味深い(ブログで触れたい)事象がいろいろとありました。

 

経済的な面に限れば、ギリシャのデフォルトに関連した問題、プエルトリコのデフォルト、中国の株価下落等です。

 

特に面白いと感じたのは、ギリシャのデフォルト問題で見られたある現象です。

 

デフォルト自体は回避されたのですが、それが決定するまで少し時間が掛かったことと、銀行の取り付け騒ぎ等の混乱を避けるために行われた対策(出金制限)のために、通常では考えられないような対応が為されたのが印象的でした。

 

その対応とは

公的交通機関や高速道路を無料にする

携帯電話の通話やネット接続等を無料にする

年金受給者を対象にパンを無料で提供する

等です。

 

これらは当座の混乱を避けるためのものであり、資本主義の下においては、その対応のために結局誰かが割りを食うわけですが、それでも、このような状況が発生したのは何かの「サイン」のようにも思えてきます。

 

資本主義ではない別の形(共産主義でも社会主義でもない)を上手に創れば、これらの事柄が意外と簡単にできるのでは? ということを示してくれたようにも見えてきます。

 

きっとたくさんの人々が反対するだろうとは思いますが、その反対している人々をも解放する「新しい形の社会・経済システム」が少しずつ近づいてきているのかもしれません。

 

その新しいものとはいったい何なのか?

これから少しずつ触れていきたいと思っています。